栄養コラム5・6月号 「貧血の予防と食事」

春の日差しも暖かさを増し、新生活にも慣れてきたころではないでしょうか。

今回のコラムは貧血の食事についてです。

貧血の種類は複数ありますが、今回は最も多くみられる鉄欠乏性貧血と食事についてお話します。しっかりポイントを押さえて貧血を予防していきましょう!

 

○鉄欠乏性貧血ってなに?

赤血球に含まれるヘモグロビンの濃度が低下した状態が貧血です。

ヘモグロビンは、主に鉄で構成されているので、鉄分が不足するとヘモグロビンがつくられなくなります。

この状態を鉄欠乏性貧血といいます。

 

○1日に鉄はどのくらい必要なの?

男性の場合は18歳から74歳までは7.5㎎、75歳以上は7.0㎎、女性の場合6.0㎎(月経なし)から11.0㎎(月経あり)が必要になります。

 

○食事のポイント

*鉄をとりましょう!

・ヘム鉄(吸収率が非ヘム鉄より高い!)……豚レバー、かつお、鶏もも肉、牛かたロースなど

・非ヘム鉄(ビタミンCと一緒に食べると吸収率UP)……あさり、ほうれん草、全卵、納豆など

 

*たんぱく質をとりましょう!

動物性のたんぱく質は鉄の吸収を助ける働きがあります。さらに赤血球やヘモグロビンの材料にもなる大切な

栄養素です。不足しないようにしましょう。

 

*吸収を高めよう!

鈴木薬局 管理栄養士

春の日差しも暖かさを増し、新生活にも慣れてきたころではないでしょうか。 今回のコラムは貧血の食事についてです。 貧血の種類は複数ありますが、今回は最も多くみられる鉄欠乏性貧血と食事についてお話します。しっかりポイントを押さえて貧……