季節の話題に少しふれて…

高校野球、各地の夏の大会のレポートが、各メディアで様々取り上げられている。

絶対的に敗れていくチームが多い訳で…

勝ち続けていくことの難しさは言うまでもない。

この大会に参加している高校生にとって、夢が1つここで終わることになる。叶えて終わるか、叶わず終わるか。それぞれではあるが。

さて、先日、社内でちょっとした研修発表会があった。

司会者が、「夢」について触れた瞬間があった。
私は、夢は次々見つけていってもいいものと思っている。

今日の夢。明日の夢。覚めては夢見、夢見ては覚める。
なんだか楽しいと思ってしまう。

さて、野球の話に戻りましょう。

注目のスター選手がいる。そこへ挑む選手たち。

彼らは勝負と夢をかなえるために、相手を研究して、策を練るのだそうだ。

その策がピタッとはまったときの感動というか「やったー!」感は想像できる。

自分に「自信」というものが1つできる。

振り返って、私も同じだと思う。自分で考えて plan を練り、チャレンジして成功すれば自信になる。

では失敗したら…。何が足りなかったのか振り返るのみ。終わってしまったものは取り返せず、次を見つめるだけだ。

そしてチャレンジし続ける者にチャンスは何度もめぐってくる。

 

柔らかな夢は次々膨らんで消えていくかもしれないが、集めた自信は石垣の様に私の土台を築いていく。(この歳にして土台か?  ha!  ha!  ha!

高校野球、各地の夏の大会のレポートが、各メディアで様々取り上げられている。 絶対的に敗れていくチームが多い訳で… 勝ち続けていくことの難しさは言うまでもない。 この大会に参加している高校生にとって、夢が1つここで終わることになる。叶え……