「3.11」

あの日、あの時、私は店舗で仕事をしていた。

いつにない揺れだったが、通常営業を続けた記憶がある。

店にテレビがあったことが幸いだった。

次々と入ってくるニュース。

暮れていく1日。

あの日、自分はあの店の通常シフトだったのかどうか…記憶が定かではない。

帰り道。とにかく寒かった。とても強い風が吹いていた。そして、暗かった。

が、その程度だった。私が住んでいるところは…。

JRの駅の西側と東側では、様子が全く違った。片方は暗く、片方は明るかった。その違いに驚いたと同時に、その時初めて、街が停電していたのだと気づいた。

こうして振り返る私には過去の記憶。それも、3.11を通過する数日、よみがえる記憶となっている。

今もこの日「3.11」に起きた変化を実感しながら生きている人がいることを、忘れないでいよう。