栄養コラム8月号「暑さに負けない、カラダづくり」

8月を迎え、いよいよ夏本番。暑い日が続き「全身の疲労感」「食欲不振」「無気力」などの夏バテの症状が、出ている方もいるのではないでしょうか?

 

〇夏バテの原因

室内外の温度差による自律神経の乱れや睡眠不足による疲労、食欲不振による栄養不足、脱水などが原因と考えられます。

 

〇暑さを元気に乗りきる食事方法

 

・冷たい物ばかり食べないようにしよう!

胃腸が冷えて消化機能が低下し、下痢や便秘が起こりやすくなります。暖かい味噌汁やスープ、鍋、煮物など火をじっくり 通した 温かい料理 も食べる ようにしましょう。

 

・緑黄色野菜やフルーツからビタミン類を摂ろう!

いろどり豊富な旬の緑黄色野菜 (トマト、ナス、ピーマン、かぼちゃ、オクラ、ゴーヤなど)や フルーツ には様々な種類のビタミンが多く含まれています。ビタミン類は体内でほとんど作られないため、暑さで 消費されたビタミンを食事から十分に補給しましょう。

 

・酸味や香味野菜、香辛料を上手に活用しよう!

レモンやお酢などの酸味 、にんにくやしょうが、ネギ、みょうが、セロリなどの 香味野菜 、唐辛子やわさび、からしなどの 香辛料 には 食欲を増進させる効果 があります。サラダにレモン汁をかけてみたり、豆腐にしょうがやネギ、梅干しをトッピングしたり、カレーの香辛料を効かせたり、いつもの料理に “ちょい足し してみましょう。

 

・よく噛んで食べよう!

噛むことで唾液の分泌が促され、食物を柔らかくし溶かすことで、消化を 助ける ため 胃腸 への負担が軽減 されます。また早食いを避けられるので肥満予防にもなります。

 

今回の栄養コラムでは、夏を元気に乗り越えるために効果的な食べ物と食事法を紹介しています。

各店で印刷したものをお渡ししています。お気軽にお声がけください。

(鈴木薬局 管理栄養士)

8月を迎え、いよいよ夏本番。暑い日が続き「全身の疲労感」「食欲不振」「無気力」などの夏バテの症状が、出ている方もいるのではないでしょうか?   〇夏バテの原因 室内外の温度差による自律神経の乱れや睡眠不足による疲……